正社員のトラックドライバーとして気持ちよく働くには会社選びがカギ

トラックドライバーとして働きたい

トラックドライバーはいつの時代も需要があります。トラックドライバーとして働くのであれば免許が必要です。なおトラックの種類によって必要な免許が異なります。主に利用されることの多いトラックについて記載しましたので参考にしてください。

中型トラックと大型トラックの違い

中型トラック

4トンクラスのトラックのことを指します。このトラックを運転するためには中型免許が必要です。最大積載量が6.5トン以内、車両の総重量が11トン以内であることが条件です。求人には4トントラックのドライバーを募集している場合が多いです。正社員になりたければ中型免許を取得しておいて損はないです。

大型トラック

10トンクラスのトラックのことを指します。大型免許を取得していないと運転することができません。大型トラックの条件として、最大積載量が6.5トン以上、車両の総重量が11トン以上などを満たしている必要があります。

正社員のトラックドライバーとして気持ちよく働くには会社選びがカギ

男の人

仕事内容をチェック

トラックドライバーの場合、運転をすることがメインになるのかで、仕事がきついかどうか変わります。具体的にどのような業務なのか確認しましょう。また拘束時間についても忘れずにチェックしておいてください。

ハンドル

給与タイプをチェック

トラックドライバーとして働くうえで、一番チェックすべき項目です。日払いや歩合給など会社によって様々な給与タイプがありますので、自身に合った給与タイプなのか確認してください。

ドライバー

罰則規定をチェック

仕事をこなしていくうえで、運送中に商品を破損させてしまうリスクが必ずついてきます。万が一商品を破損させてしまった場合、どのような罰則があるのか確認しましょう。

情報収集は重要

京都周辺にはトラックドライバーの求人がたくさんありますので、どこの会社が適しているのか徹底的に情報を集めるのが肝心です。